読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり暮らしの費用節約して孤高を楽しむブログ

2027年リニア開通まで阪神の応援しながら、青春18きっぷ1人旅・楽しさ・悩み・トラブルをブログ更新

運転免許合宿格安!高校生のあなたが友達と旅行して取得

青春18きっぷ旅!リニア

運転免許は、自動車学校でなく旅行して取得する時代

「広告」

 

 まったく便利な時代になったものですね。友達と夏休みなどを利用して好きな観光スポット見学ししながら、自動車免許を取ることができるのですから。

一人暮らしのように、自動車学校にコツコツ通って取るのは、もう時代遅れかも。

自動車免許は、何才からとれる?

今は18歳になってからです。

自動車教習所は、いつから通えるのか

17歳でも通えます。しかし問題が一つあります。

それは、自動車を路上で運転するために仮免許が必要です。仮免許を取るには、18歳になっていないととれないのです。

だから高校生が夏休みに自動車免許を取るには、4月から7月生まれでないと、現実的でないということですね。

高校生が激安で免許を取るには

今自動車学校で免許を取るには、30万円ほどかかります。それを合宿でとると、もっとお安くお得に取れます。

 

「広告」

  

 このサイトは、スマホでもきれいに見れます。いろいろ高校生のあなたが、自分に合ったプランを激安価格で見つけることもできます。

いつ検索するのか!今でしょう(笑)。

学校の休み時間や学校の行き帰りの電車・バスの中でサッサと検索しましょうね。検索しているだけで、楽しくなりますよ~っと。

一人暮らしがおすすめする青春18きっぷとの併用

一人暮らしの私に、高校三年生の娘がいるとして考えました。

高校生の娘には、二人の仲良しのお友達がいます。三人とも幼稚園からの大の仲良しで、三家族とも家族同様のお付き合いです。

女子高校生三人は、4月から7月に生まれています。仲良し三人組は、大学受験で離ればなれになる運命です。

そこで高校生最後の夏休みに、仲良し三人組で旅行に出かけ自動車免許を取ってしまおうと計画しました。

一人娘の頼みは、幼いころからいやといったことのない私。

娘のためにひとつ提案をします。

 

「広告」

 

それは、お友達とわいわい楽しくこのサイトで自分たちに会ったプランを検索して行き先を決めるのです。

どこの教習所でとるのかを決めた後は、行きと帰りをJRでいくことを、一人暮らしは提案します。

そして夏休みに利用できる「青春18きっぷ」を勧めます。

青春18きっぷは、5枚つづりですので、二組購入します。10枚の一日JR乗り放題切符が手に入るのです。

最初に一日で、計三枚使います(目的地の教習所にいくために)。

松江・島根自動車学校=島根県松江市西津田5丁目23番23号

例えば、一人暮らしの住んでいる愛知県名古屋市を例にとりますね。

このサイトの中で、松江・島根自動車学校を選んでみました。

青春18きっぷ検索|乗換案内|ジョルダン

 青春18きっぷを検索するのに大変便利なツール「ジョルダン」で名古屋市~松江市を検索してみました。

朝一番のJR名古屋駅発は、朝5時39分。松江には夕方の18時14分に到着します。

これなら、向こうの自動車学校のお迎えバスにも間に合いますね。

ちなみにJR料金は、ひとり7880円。

青春18きっぷは、11850円なので、11850÷3=約4000円なりですね。ほぼ半額で行けます。

すごくお得ですよね。

最後に。まとめ

一人暮らしにかわいい一人娘の高校三年生がいるとして、ブログ更新しました。あ!娘さんでなく、お孫さんでは???というツッコミは、なしでお願いしますね。

 

「広告」

  

 

それと今よくサイトを見てみたら、各合宿の自動車学校のお得なオプション・オリジナル特典がいっぱいあります。

例に挙げた、松江・島根自動車学校では、なんと縁結びの出雲大社観光が付いていますよ。一人暮らしも行って、縁結びしてもらいたくなりました~~~。

特定健康診査(メタボ健診)と特定保健指導

ひとり暮らし健康・介護

特定健康診査(メタボ健診)と特定保健指導

平成20年から国民健康保険をはじめとして各医療保険において特定健康診査・特定保健指導が開始されました。

特定健康診査は、メタボ健診とよく呼ばれている健診のことを意味します。

特定健診・特定保健指導は、糖尿病など生活習慣病の早期発見および予防をおもな目的としています。

メタボリックシンドロームに着目した健診および指導が行われます。

メタボは内臓脂肪型肥満のことで、内臓脂肪の蓄積により高血圧や高血糖、脂質異常の状態になっていることを指します。

一人暮らしの母も肥満でした。肥満から生活習慣病の糖尿病になり、認知症も併発しました。

肥満は、心筋梗塞の大敵でもあります。肥満を少しでも解消して、健康で長生きましたものです。

健診でメタボリックシンドローム該当者およびその予備軍と判断された人には、生活改善を図るための保健指導が行われます。

国民健康保険加入者でこの健診の対象となるのは、4月1日現在に国民健康保険に加入している市区町村に住んでいて、その年度に40歳~74歳になる人です。

健診では、身体計測時に身長・体重・BMIの他、腹囲も計測されます。この他、問診、血圧、血液検査、尿検査などが行われます。

健診を定期的に受診することは健康に過ごすためであることと同時に、医療費の削減にもつながります。

メタボリックシンドローム該当・およびその予備軍と診断された場合にも、適切な治療や予防を受けることで病気の進行を防ぐことができます。

会社などで健診を受けるのは違い、自分から出向いていく健診は受けなかったり、受け忘れたりすることが多くあります。

生活習慣病の進行は大きな病気を併発する可能性が高くなり、自己負担する医療費の金額も大きくなります。

一人暮らしも今年の健康診断に行ってきました。65才過ぎたので、これからは、毎年健康診断を受けるようにします。

一年に一度健康診断にいって、記録を残せば、毎年比較ができるようになります。

悪くなっている項目は、少しでも改善し、よくなっているものが増えていくのも楽しみの一つですね。

 

老後生活資金を支える公的年金

ひとり暮らしと悩み

老後生活資金を支える公的年金

多くの方は、具体的に老後の生活資金のことを考えてないですね。

若い方は、まだすごく先の未来のことだし、それなりに人生を送られた方も、まだ生活に追われているので、高齢になった時のことまで考えていないのが、実情ですね。

公的年金の保険料支払い実情

公的年金は、保険料の支払い状況によって、高齢になってもらえる年金額が、違ってきます。

ただし若い方で、本当に年金をもらえるのかという不安もあり、そのため保険料を納めていない方も結構います。

また払いたくても経済的に余裕もなく払えない方もいますね。

老後に年金がもらえないということは、かなり厳しい生活になると思うので、経済的に払えるのならばちゃんと納めるようにしたいですね。

公的年金保険料免除・納付猶予

公的年金の払えない方は、免除制度・納付猶予もありますので、手続きをするようにしましょう。

払えないからと放っておくと、老後の生活がとても不安なものとなってしまいます。

公的年金のメリットは、やはり生きている間は貰えるということです。

生きている間、年金は支給されるわけですから、払っておいたほうがいいのです。

公的年年金は、いまのところ最低25年間納めなれば支給される資格がありません。

しかし免除の手続きをすれば、払ったものとカウントされますので、貰える額は減りますが、まったく納めないよりもいいのです。

全額免除の場合、払う額は0円です。しかし老後に貰える年金額が結構減ってしまいますのでなるべくなら一部免除されるほうが、いいですね。

たった何ヶ月間納めていない方でも、年金をまったく受け取れないケースも実際にあるといいます。

そういう風なことにならないようにこまめにチェックすることも大切ですね。

公的年金保険料の後払い(追納)とは

 公的年金の年金額を計算するときに、保険料の免除や猶予の承認を受けた期間がある場合は、年金額がその分安くなります。

年金額を増やすためは、、免除等の承認を受けた期間の保険料については、後から納付(追納)することができます。

また以前に保険料を納めていなくても、過去10年間の保険料を納めることもできますので、もし納めていない時期が長期間あるのならば納めるようにしましょう。

経済的余裕が出来たときにまとめて納めればいいのです。何ヶ月間のために将来無年金になって、一円も年金を貰えないのは悔しいですからね。

最後にまとめ

一人暮らしは、年金暮らしです。老後の生活資金として、年金のありがたさを身にしみて感じています。

若い方は、なるべく厚生年金保険に入るよう努力されたほうがいいですね。国民年金だけですと、将来もらえる年金額も少ないので、老後の生活を十分支えてくれるものでは、ないからです。

もうじき年金をもらえる方は、いちど日本年金機構の年金事務所に行かれて、ご自身の将来もらえる年金額を、計算してもらいましょう。

一人暮らしも、消えた年金問題の時、年金事務所に行って、国民年金と厚生年金と統合してもらい、年金の見落としがないか、年金の未納機関がないのかなど、相談しました。

将来確実にもらえる年金額を知ることは、老後の生活資金がどのくらいになるのかを計算できることになります。

それで、毎月の生活に不安があるときは、少しでも貯金などしたりすることですね。