読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり暮らしの費用節約して孤高を楽しむブログ

2027年リニア開通まで阪神の応援しながら、青春18きっぷ1人旅・楽しさ・悩み・トラブルをブログ更新

藤川球児の13球!火の玉ストレートの復活

ひとり暮らし阪神優勝応援

藤川球児の13球!火の玉ストレートの復活

ひとり暮らしで阪神タイガースファンの私は、2016年5月18日という日を一生忘れないでしょう。

なぜなら、大好きな藤川球児投手が復活したからです。火の玉ストレートの復活です。藤川球児投手が絵になり仕事場でもある押さえ、クローザーとしての復活です。

火の玉ストレートの復活は、2016年5月18日の阪神対中日戦。場所は、阪神タイガースファンで埋め尽くされた甲子園球場。

阪神タイガースの藤川球児投手は、1点リードの9回表から登板しました。見事に3者凡退に仕留め、日本球界復帰後初のセーブを挙げました。

場内アナウンスが「藤川球児」とコールすると、甲子園球場は、驚きの声に包まれます。藤川球児投手で大丈夫かという声が、聞こえてきそうです。

詳しくその場面を書くと。中日の先頭バッターは、堂上直倫選手。

初球は、146Kのストレートが、内角高めに大きく外れます。続く2球もストレートが立て続けに外れて、カウントボール3。藤川球児投手絶体絶命です。

嫌な予感におそわれて、多くの阪神ファンが、昨日の悪夢の再現かと思ったことでしょう。ひとり暮らしの私もそう思いました。

しかし続く2球のストレートで、ストライクが取れ、カウント3-2。

ここで藤川球児投手が、外角高めに火の玉ストレートを投げます。スピンのかかった渾身の球で、堂上直倫選手のバットがむなしく、空を切ります。

分かっていても打てないと形容された火の玉ストレートの復活で、藤川球児投手が見事三振に仕留めたのです。

続くバッターは、亀澤恭平選手。

藤川球児投手は、初球のストレートは、ボールにしましたが続くストレートでストライクをとります。

藤川球児投手の投げた3球目のストレートを打って、亀澤恭平選手は、セカンドゴロに倒れます。

3人目の打者は、野本圭選手。

ここで「あと一人。あとひとり」のコールが、甲子園球場に響き渡ります。

藤川球児投手は、その応援コールを聞いて、なおさら心を奮い立てたでしょう。

藤川球児投手は、ボール、ボールときて、3球目のストレートで空振りにとります。続くストレートで、センターフライにうちとります。

藤川球児投手が、全球ストレートの13球で見事3者凡退に打ち取り、阪神タイガースの勝利に貢献しました。火の玉ストレートの復活です。

感動の嵐が、甲子園球場に吹き荒れます。藤川球児投手が、見事復活して阪神タイガースファンに魂のこもった火の玉ストレートを披露したからです。

外野席の阪神タイガースファンの掲げた横断幕には「藤川球児は、オレたちの誇り」の文字が躍っていました。

ここで恒例の阪神タイガースファンの歌う六甲おろしが、球場全体の空気を盛りあげます。

「阪神タイガース。ふれ~振れ~フレ~」

試合終了後報道陣に藤川球児投手は「平常心で臨めた。観客の応援は、しっかり聞こえた。ストレートは、未だ復活の途中だ」とのコメントを発表しました。

藤川球児投手の火の玉ストレートの復活が、阪神タイガースファンの感動を呼び、阪神タイガースの連勝街道を突き進ませてくれるでしょう。