読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり暮らしの費用節約して孤高を楽しむブログ

2027年リニア開通まで阪神の応援しながら、青春18きっぷ1人旅・楽しさ・悩み・トラブルをブログ更新

特定健康診査(メタボ健診)と特定保健指導

ひとり暮らし健康・介護

特定健康診査(メタボ健診)と特定保健指導

平成20年から国民健康保険をはじめとして各医療保険において特定健康診査・特定保健指導が開始されました。

特定健康診査は、メタボ健診とよく呼ばれている健診のことを意味します。

特定健診・特定保健指導は、糖尿病など生活習慣病の早期発見および予防をおもな目的としています。

メタボリックシンドロームに着目した健診および指導が行われます。

メタボは内臓脂肪型肥満のことで、内臓脂肪の蓄積により高血圧や高血糖、脂質異常の状態になっていることを指します。

一人暮らしの母も肥満でした。肥満から生活習慣病の糖尿病になり、認知症も併発しました。

肥満は、心筋梗塞の大敵でもあります。肥満を少しでも解消して、健康で長生きましたものです。

健診でメタボリックシンドローム該当者およびその予備軍と判断された人には、生活改善を図るための保健指導が行われます。

国民健康保険加入者でこの健診の対象となるのは、4月1日現在に国民健康保険に加入している市区町村に住んでいて、その年度に40歳~74歳になる人です。

健診では、身体計測時に身長・体重・BMIの他、腹囲も計測されます。この他、問診、血圧、血液検査、尿検査などが行われます。

健診を定期的に受診することは健康に過ごすためであることと同時に、医療費の削減にもつながります。

メタボリックシンドローム該当・およびその予備軍と診断された場合にも、適切な治療や予防を受けることで病気の進行を防ぐことができます。

会社などで健診を受けるのは違い、自分から出向いていく健診は受けなかったり、受け忘れたりすることが多くあります。

生活習慣病の進行は大きな病気を併発する可能性が高くなり、自己負担する医療費の金額も大きくなります。

一人暮らしも今年の健康診断に行ってきました。65才過ぎたので、これからは、毎年健康診断を受けるようにします。

一年に一度健康診断にいって、記録を残せば、毎年比較ができるようになります。

悪くなっている項目は、少しでも改善し、よくなっているものが増えていくのも楽しみの一つですね。